new_HomeTitle.gif (6888 バイト)

「 インターネット読書のすすめ 」

 





窓辺のソファーにゆったりと座って・・・
というわけにはゆきませんが、
パソコンがあってインターネットにつないであれば、
本屋や図書館に行くまでもなく、好きな分野の読書ができる時代です。

国内から世界各国の、雑誌から単行本、専門書まで
ほとんど無料で、すばやく選びながら、
あれこれ手にとってみることができます。
(接続料・電話料はかかりますが)

サーチエンジン(検索Webサイト)を使って
自分だけのサイバー本棚(お気に入り)にお気に入りの本など
並べてみて、時間を創って読書してはいかがですか?

今回は、私の本棚の一部をご覧にいれましょう。
パソコン専門誌などに読み疲れた時などに、
一番気楽に読める「雑誌」として次の4冊を読んでいます。
目が疲れると、
名作を名優の朗読Webサイトで「耳から読書」しています。

 


Web現代 http://kodansha.cplaza.ne.jp/ 
電車の中吊り広告で見るあの感じが見やすく、ついクリックしてしまいます。

gendai.jpg (95174 バイト)



Web新潮 http://www.shinchosha.co.jp/ 
あの「週間新潮」や「Focus」など新潮社のすべての雑誌などを覗くことができます。

shincho.jpg (84895 バイト)

 

magnetcafe http://www.magazine.co.jp/  
マガジンハウスがお送りするオンラインメディア『マグネットカフェ』。
代表的な女性雑誌のアウトライン見られるのがうれしい。
イベント情報もあれこれ公開されています。
 

magnet.jpg (69333 バイト)

 

SSWEB   http://ssweb.ne.jp/CGI/top_page.cgi
本格的な文学を耳から楽しみたい方には嬉しいサイトが誕生した。
芥川龍之介の名作「羅生門」を
橋爪功の豊かな朗読で味わえる。

「源氏物語」の講演を田辺聖子の声音で聞ける。
それどころか、高座の寄席も臨場感たっぷりと聞かせる準備中だという。

SSWeb.jpg (59159 バイト)

*

どうぞ、秋の夜長にお楽しみください。




END


inserted by FC2 system