new_HomeTitle.gif (6888 バイト)

WORK SHOP
 << 2006.3.12>>




■■■ ブログの始め方 ■■■

最近の話題やニュースのなかで、「ブログ」(blog)という言葉をお聞きになりませんか?

インターネット上に公開されている日記形式のWebページのことです。
「Web」(World Wide Webの略=世界中に張られた蜘蛛の巣=インターネットのこと)と
「Log」=日記を並べて「Weblog」(ウエブログ)という言葉が誕生しました。
これを略して「Blog」=ブログというようになっています。

ご存知のようにパソコンやケイタイを使った「ネット生活」は、個人も、会社も、
電話や手紙よりも、遥かに手軽に、早く、安く
使えるため
IP電話や同胞メールなどの様々な面で活用が急増中です。

「Eメール」と「ホームページ」が使えている個人や会社は多いんですが、
「ブログ」は、「パソコン」より「ケイタイ」派に好評なようです。
その理由は、「ホームページ」より、簡単にインターネット上に自分のWebページを持て、
しかも管理者と訪問者たち相互に自由に書き込め“言葉の会話”ができるからです。

「ホームページ」は無くても、自分の「ブログ」があれば、
写真や音楽など趣味などテーマのもとに集う「友達の輪」を創りあげたり、、
ビジネスでは、自分の得意分野を「テーマ」にしてPRを広げることができます。


ブログは、今や専門知識が無くても、
@ブログサービスへ登録する。Aデザインを決める。B記事を投稿する
だけでブログができます。しかも、すべて無償から始められます。

 先ず、“KEN's Office”が始めたばかりの次のブログをご覧ください。
「不動産買主代理人」   
「ケンの写真日記 」

ブログの無料サービスWebサイトは、多数ありますがお奨めサイトは次のところです。
「ココログ」 ・・・ ニフティ運営、フリープランは会員外もOK.安心運営。
「ウェブリブログ」 ・・・ NEC運営、BIGLOBE非会員も登録でOK.
「楽天広場」 ・・・ 日記以外に、webページや掲示板を追加できる。
「はてなダイアリー」 ・・・ 画面がシンプル、日記の一覧表示がある。

 “KEN's Office”のブログ「不動産買主代理人」は最初の「ココログ」を使っています。
以下、この「ココログ」を例にブログについてご説明していきます。




1:ブログサービス「ココログ」へ登録する

 1 ココログのトップページを表示します。 
2 「無料 START」 をクリックします。
3 「PLEASY新規登録へ」(赤いボタン)をクリックします。
4 「ユーザーID」、「パスワード」、「メールアドレス」を入力します。
5 「生年月日」と「郵便番号」を入力します。
6 「利用規約」を読み「PLEASYに登録する」(青いボタン)をクリックします。
7 「登録内容の確認」を読んで「この内容で登録する」(青いボタン)をクリックします。
8 本人確認の受信メールを開き、該当URLをクリックし最終手続きを行います。

9 本人確認が完了したと表示されたら、「ココログ新規登録へ」をクリックします。
10 「利用規約」に同意して「ココログの登録手続きをはじめる」を「クリックします。
11 先ほど登録を終えた「PLEASY」のユーザーIDとパスワードを入力して「次へ」をクリックします。
12 ブログの「名前」とデザイン「テンプレート」を設定します。
13 更新通知、ニックネーム、ドメイン名(URL、無ければそのまま)を入力して設定します。
14 確認画面で読み取れる英数字を入力して「登録する」(オレンジボタン)をクリックします。

注) ブログはインターネット上に流れるため、一般的には本名ではなくニックネームを使います。


■ 2:「ココログ」へログイン、ログアウトする

ブログは、開いた本人が「管理者」となり、閲覧しやすいように整えて、
一定のテーマのもとに会話(投稿)が行われるように運営して行くことになります。
先ずは、ブログ管理人がブログ(名称)に相応しい第一声を、第1日目の日記として掲載します。

1 「ココログ」トップページからアカウントとパスワードを入力して「ログイン」します。
「アカウントとパスワードを記憶する」をクリックしてオンにしておきます。
2 ココログの管理画面が現れますので、構成内容をよく確かめてください。
《ブログ》、《マイフォト》、《マイリスト》、《コントロールパネル》の4区分されています。
3 ココログから「ログアウト」(右上のボタン)します。


3.プロフィールページを作成する

ココログへ無事登録を終えたら、先ず「プロフィール」を登録します。
あるテーマ名を持ったブログを創る本人(管理人)が、
どのような人物なのか自己紹介するのは当然のマナーですね。
といっても、プライベート情報すべてを公開しなければならない訳ではありません。
公開するのか非公開かは、後ほど項目ごとに自分が選択できます。
自己紹介のないブログでは、恐らく誰もが訪問、投稿をしないでしょう。

1 管理ページ「概要」タブの《プロフィールの編集》をクリックします。
2 基本的な情報を入力します。(*印は必須入力項目)
3 連絡先情報、自己紹介を入力し、《プロフィールを更新》をクリックします。
4 《プロフィール》ページで、項目ごとに表示・非表示設定を行います。
公開する項目をオン(チェック)、非公開項目をオフ(チェックなし)にします。
5 プロフィールページのデザイン・テンプレート選択し、《保存して反映》をクリックします。
6 《ココログを表示》をクリックします。
7 《プロフィール》をクリックして表示内容を確認します。

4.ブログに記事を投稿する

自分のブログの箱はできましたが、本文である記事の投稿が1通も無ければ
訪問者も何を投稿して会話に参加してゆこうか戸惑うことになります。
ここが管理者である「自分の日記」サイトであること思い出し、先ず自ら発言しましょう。


1 ココログにログインし、管理画面の《ブログ》パネルの
      右側にある便利メニュー《記事の作成》をクリックします。
2 記事作成画面で、記事タイトル、カテゴリー、本文を入力します。
3 文字のサイズや色を変えられます。
4 《画像の挿入》ボタンで写真などの画像挿入ができます。
5 文字列にリンクを設定できます。
6 作成した記事を《確認》し、《保存》すればブログに投稿されます。
7 《ココログを表示》をクリックして公開されている表示を確認します。





5.投稿した記事を修正・削除する

投稿した記事は、後から変更したり、不要な記事を削除したりすることができます。
タイトルや本文などのほか投稿日時なども変更できます。
いったん《下書き保存》した記事を《記事の編集》画面で続きを作成して投稿できます。

1 管理画面を表示して右上の《ブログ》タブをクリックします。
2 右の《記事一覧》をクリック、編集(削除)したい記事のタイトルをクリックします。
3 削除の場合は、確認画面で《削除する》をクリックします。


6.その他、ココログの便利機能を楽しむ

ココログには、その他の機能として《マイリスト》や《マイフォト》などが準備されています。

《マイリスト》には、自分が良く見るWebや友人のWeb、興味のある本や映画、音楽など
をリストとして一覧表示する機能です。管理人の人となりや嗜好性、専門など理解でき、
親しみがもたれます。

《マイフォト》は、デジカメなどで撮影した写真をアルバム形式でインターネット上に公開
する機能です。画像をアップロードするだけで自動的に作成されますので便利です。

7.追記:エキサイトブログ開設法

ココログのほかでお奨めしたいのが「エキサイトブログ」です。
ここでは、大きな写真を掲載できるので写真ファンに人気のところです。
開設までの手順をご説明します。

1 エキサイトブログのWebサイトを開きます。
http://www.exblog.jp/
2 画面左上の「新規登録(無料)」をクリックします。
3 利用規約を読んで登録ページへ進むため「はい」をクリックします。
4 セキュリティ警告に「OK」をクリックし進みます。
5 案内に従って、希望するエキサイトID、パスワードなどを入力してゆきます。
6 ブログ名や希望するブログアドレスを入力して完了です。 
7 自分のサイトを開き「設定」で最初に最低限の記事、写真などを入力しましょう。

ここの記事を作成しながら開設したブログです。ご覧ください。
  「ケンの写真日記 」


* * *

あなたのブログができました。
自分のWeb日記です。あなたの投稿記事やサブメニューが多くなり、
訪問者(読者)が興味や質問などあれば、コメント投稿があったとメールがあります。
あなたとの対話が始まります。他の訪問者も見ていて参加投稿するかも知れません。

また、ココログの管理場面のコントロールパネルに《アクセス分析》を開けば、
あなたの創ったブログを訪れた人数(正確にはアクセス数)が、時間帯別、
曜日別、月別に表示され、記事の内容への反響をはっきり知ることができます。

気楽な、日常を綴った「子育て奮戦誌」的なものから、「翡翠撮影病進行誌」など趣味、
 “KEN's Office”の「不動産買主代理人」のようなビジネステーマに絞ったものまで
ブログの、ホームページには無い、フレンドリーな身近さなどを活かして、
楽しくて為になるブログを、あなたも創ってみませんか?





END



inserted by FC2 system