不動産実務支援シリーズ D

「不動産物件チラシ」
賃貸/売却(土地・マンション・一戸建)

1.作成のねらい

 不動産仲介実務の中で、営業努力の結果、オーナーから漸く客付け依頼を取りつけたとして、信用を確保するためには、具体的にどのように早期客付けをするかが大事になると思います。

 先ずは、不動産物件を間違いなく説明できるツールとして、『物件チラシ』作成がポイントとなります。作成するには、オーナーとの相談、公簿調査、関連法令等の調査が必要になるため、自ずから不動産物件の確定作業が進むことになります。何よりも、見込み客に対して見せながらのポイント説明が的確、迅速にできるますし、業者仲間に協力依頼をするためには、不可欠なツールになっています。

 これを作成する外部専門業者や印刷店が有りますが、急な訂正やアイデア追加などができなくて不便ですし、何よりスピードとコストがもったいないと思います。そこで、ふだん使い慣れているパソコンソフトで作成してみました。いつもの文書作成と違って、特別な機能を知っていないと大変なことが分かりました。そこで、テンプレート(様式)を作っておき、部分的に変えながら作成すれば、それほどの知識は使わなくても誰でも、デザイン的にも効果的な『物件チラシ』が自作できると気づきました。業界に働く仲間に《少しの手助け》をしたいと公開することにしました。

2.メリット

●デジタルファイルであるため、顧客や取引先にFAXを使わなくてもEメールで 添付送信できます。
●受信した側では、一部訂正するだけで『転用』して、物件チラシが作成できます。
●顧客の立場から的確なデータ、訴求力のある高水準のデザインが即使用できます。
●仲介業者に集まる多くの「物件チラシ」のなかで、整理しやすく、店頭掲示された時には目立ち、読むときには訴求力のある資料になります。

3.使用上の環境、ご注意

・Windows98SE上で動くMicrosoft Word 2000で作成しています。
・シェアウエアとさせていただいているため、最初のオープン時に「パスワード」 を入力する必要があります。
     (ソフトの内容をご覧になりたい場合は、末尾記載のURLへお入りください。)
・この様式は、B4横版に設定されています。
・様式は、@『建物賃貸』、A『売り土地』、B『売りマンション』、C『売り一戸建』の4種類があり、それぞれに向くように設定されています。

4.使い方のポイント

・少し使いこなした上で、自社用になったところでテンプレート登録しておかれることをお奨めします。(WordのDOT登録)
・作成パソコンの環境と異なるフォントは、表示できませんので類似のものに置き 変えるなどしてお使いください。

 ◆照会先◆ 
     http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se249289.html  ・・・《賃貸用》
             http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se271695.html  ・・・《売り土地用》
             http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se271694.html ・・・《売りマンション用》
             http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se271693.html  ・・・《売り一戸建用》

【想定使用環境】 
Windows98/Me/Xp と Microsoft Word 2000/2002 がインストールされたパソコン。 



チラシへジャンプします!⇒ @:賃貸用 A:売り土地用 B:売りマンション用 C:売り一戸建て用 

       ・・・システムイメージです。
↓簡単なマニュアル添付

----------- @:《賃貸用》 --------------------------------------------------------



                                   

----------- A:《売り土地用》 -----------------------------------------------------------------



                                  

----------- @:《売りマンション用》 ---------------------------------------------------------



                                 
----------- @:《売り一戸建て用》 --------------------------------------------------------



                                           
      ・
      ・
      ・
    以上です。


inserted by FC2 system