デジタル・ショット 「春夏秋冬・・・心向かう先」 No.127

春のカワセミ物語

Photo by Ken Ohsawa
2009.3.1〜4.14
Digital Still Camera : NIKON D300  & CANON IXG Digital 920i
Photo Retouch::ACDSee 9 Photo Manager&Ph
otoshop CS2

* このページの広さは、【解像度 XGA 1024×768 】 で作成しています。 画面を最大化してご覧ください。
* 許可無く、画像を二次利用することを禁止します。


初めて2005年1月に出遭った美しくすばやい小鳥「カワセミ」に目覚めてから3年4ヶ月になる。

スポーツカメラマンと思える重装備のカメラマンたちが川面に向かって並んでいた。
「ポチャン」という飛び込っむ音に向けて、一斉に機関銃のようなシャッター連続音が響き渡る。
わずか2〜3秒という瞬間に元の枝に戻っていたのには驚いた。

50余年の長い写真歴のなかで、これほど衝撃を受けたのは2つと無かった。
覗くファインダーからこれほどの緊張感が伝わってくる被写体も初めてだった。
その時なぜか、剣豪武蔵が一気に書き上げた墨絵「モズ」を思い出していた。

スナップ、風景、ポートレート、花、昆虫などジャンルを決めないで撮影を楽しんできた写真だったが、
野鳥は初めてなので、望遠レンズ、三脚、雲台、カメラなどの新たな投資と勉強が加わった。

3ヶ月も過ぎるころには、毎週土・日・祭日のほとんどを充て撮影に出向くようになって行き、
雨などで3日会えないと落ち着かなくなるという、鳥撮り仲間が称する“カワセミ病”が進行していた。

小鳥の生存率20%と言われるなかで平均余命2年と最も短命なカワセミの姿は、
撮影し続ける僕らに「生きるための懸命さ」を鮮やかに見せてくれる被写体である。

カワセミに対する現在のボクの心境は、
「夏のカワセミ物語」と「冬のカワセミ物語」を既にご覧いただ方はお分かりだと思うが
燃えるような激しい「恋」ではなく、優しく見守り記録する「愛」に近い。

そして今回3回目にして、ようやく・・・というか満を持して
物語の最初に立ち戻り、始まりである「春のカワセミ物語」に触れてみたくなっていた。

ともに生きる野鳥たちや花々も一緒に命の輝きをご覧いただきたい。






No.01 小川の水が温む季節が近づく





No.01 北側斜面の梅が最後に満開




 No.03 小川も日を追って輝きも増す




No.04  カモのカップルも楽しそう




No.05 ライトグリーンの中でカワセミが映える




No.06 遠く対岸の茂み前に居る




No.07  ショロの葉の前




No.08  このコには散歩道の橋上もポイントらしい 




No.09 輝く川面をバックに  



No.10  春風が渡る水面が鎮まるのを待つ




No.11  稚魚の“おつまみ付”で飛び出す




No.12  今度もまた稚魚だ!




No.13  ようやくお好みサイズゲット




No.14  彼女へのプレゼントか?




No.15  ザリカニも丸呑みする  




No.16 それは近すぎない?




No.17  こんなに軽いんだよ!




No.18  梅の木の周りに咲く菜の花と諸喝采(ムラサキハナナ)




No.19 味気ない対岸も今はアートが楽しめる




No.20  さて、どうしようか?




No.21 ううん、何か動いたぞ  




No.22  キャッチライトが入った眼と朱の足が可愛い




No.23   向こうへ行こうかな?




No.24 カワエビをゲット




No.25 こんどは大好物のオイカワ




No.26  「どう、凄いでしょう!」




No.27  バックの春色が”飛ぶ宝石”を一段と際立たせる




No.28 ボクの前で伸びをするカワセミ (正直うれしい!)




No.29 恋する季節のオスは綺麗




No.30  シンプルバックに浮かぶカワセミとアイコンタクト




No.31 ダイビングするフィールドに現れた緋鯉




No.32  最近連れ合いが猫にやられてようで独りになってしまったアイガモのメス




No.33  春色をバック獲物探し中




No.34 こちらからも拝見




No.35 小鳥にとって上空は要警戒だ




No.36 「いたっ!」




No.37  お見事!




No.38 食後の水飲み兼汚れ落としの“水浴び”




No.39 急上昇




No.40 お気に入りの葦で




No.41 芽を出し始めた柳




No.42  遅咲きの枝垂れ桜も葉が出てきた




No.43 小川の住民「ハクセキレイ」




No.44 「シジュウカラ」の“飛び出し”




No.45 
凛々しい“小さな猛禽”「モズ」




No.46  春を告げる声優「ウグイス」




No.47 桜に似合う「メジロ」  




No.48 春に集団で来る「コジュケイ」 




No.49 逃げ足はすばやい




No.50  目の前に来た「ムクドリ」




No.51 仲良く昼寝「コガモ」




No.52   “身づくろい”の羽ばたき




No.53  狙いを見失うと空中停止“ホバリング”




No.54  水面上でのホバリング




No.55




No.56




No.57




No.58  さあ、突っ込みむぞ!




No.59




No.60 見事成功!(打率8割、“King Fisher”)




No.61  飛まつより速い瞬間動作





No.62  お嬢さん(カワセミのメス)登場




No.63  川辺にサンポポも咲き蝶が飛び始めた




No.64   “春の交響楽団”桜が開き始めた




No.65 これが“桜とカワセミ”




No.66 カワセミにも“恋の季節”、「求愛給餌」シーンも・・・!




No.67 この先にメスが要るぞ




No.68   受け取ったら“婚約成立!”




No.69 頭を先にして渡している 「ありがとう!」




No.70 数回の給餌の後で交渉中!




No.71 遠くで「合体!」・・・子孫を残す聖なる儀式




No.72  「・・・・」




No.73  長い〜ラブラブ♪




No.74  「さてと、もう一度給餌しよう!」




No.75  デイト場所の枝下に近づく一匹の黒猫あり




No.76  リスまで来たので葉陰へ退避したメス 




No.77  戻ったオス、しばらく餌を加えたまま探していた




No.78  「どうしたのかなあ?」「振られちゃったのかなあ・・・」




No.79 「まあ、いいか、明日に希望を持ってゆこう」




No.80 池で楽しむカモのカップル




No.81  ”白い紳士”「コサギ」




No.82  桜はもう次へ装いへ




No.83  桜の「花筏」に鯉が作ったハートマーク?




No.84  眼に染みる「新緑の季節」が始まっている






END


冬のカワセミ物語 夏のカワセミ物語  (「秋のカワセミ物語」・・・撮影中)


 《バックナンバー》

2009年・桜便り-1
  2009年・桜便り-2

桃源郷・吉野梅郷へ  2009年春、喜びの花&鳥 2009年・早春の鎌倉路 2009年、春呼ぶ花々たち

冬のカワセミ物語 霊峰富士に祈る ヨコハマ・ブリリアント・ロード 錦秋の京都路 夏のカワセミ物語


春夏秋冬・・・心、向かう先!【厳選449枚】から選んだ写真を次の専門店で額装購入できます。

インテリアート・フォトWebギャラリー「花水木」 

  

   
   
 “KEN's Office”デジタルショット・・・心向かう先!
   『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
  配信の登録・中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000114412.htm
  ----------------------------------------------------------------------------------------------

inserted by FC2 system