ほっと News

“ADSL開通体験記” 
<2002/12/1現在>

 予測した以上にFTTH(光ファイバー)のコストダウンが進まないので、痺れを切らしてI我が家の回線をISDNをからADSLに変更してから半年が過ぎようとしています。この日から、我がPC環境も晴れて CATVFTTHと並ぶBB(ブロードバンド)派の一員になった訳です。
 
 NTT東日本のダイアルアップ回線からフレッツISDNへ切り替えたときは、アクセススピードが9.6kbpsから64Kbpsへ約6〜7倍になったんですが、それ以上に料金が固定になった精神的安心感のメリットが大きかった記憶があります。これから、フレッツADSL 8Mbpsに切り替えたときの感動は、まさにスピードアップの快感そのもので、局から3.5km離れている我が家での実効アクセススピードが、なんと
ISDNの約23倍、1.5Mbpsにアップ、驚きを禁じえませんでした。

 そして12月中旬には、さらに実効速度をあげるべく12MbpsADSLへの切り替え予定です。おそらく、10%〜15%はアクセススピードアップが期待できるでしょう。

 今が旬のADSL12M回線を計画されている方にも参考としていただこうとまとめてみました。 
これから初めてADSLを引こうと思う方は、迷わず12Mbpsを採用することをお薦めします。


                        

1.手 順(ADSL12M)

@ 自宅がADSL12Mサービス対応エリアかどうかを確認します。(次項のADSL事業者ごとに違う)
  (いずれの回線であれ、NTTの回線を使用し局内の機器を設置する工事になります。)

  ・《RBB TODAY》 http://www.rbbtoday.com/ 郵便番号から検索確認できて便利です。

A 事業者や回線事業者の提携プロバイダのWebサイトから申し込みします。
  ・先にプロバイダに接続サービス変更手続きを終えておきます。

B NTTの局内工事スケジュールが決定の連絡が来ます。

C 工事日に先立って12M対応ADSLモデムが到着しますので、モデム設置を完了します。
   ・設定作業は、モデム添付の説明書やプロバイダから届く設定指示どおり行います。
    ・LANポートが無いPCは、LANボードとLANケーブル(*1)が必要です。
      
*1:100base対応カテゴリー6ケーブルがお薦め。

D 工事完了日以降は、開通します。

下のWebサイトを上手に使って準備、選定しましょう。

線路情報開示システム(NTT東日本)  http://www.ntt-east.co.jp/line-info/
   ・・・NTT局舎からの距離は? 基本情報です。

アクセスのスピードテスト、(RBB TODAY) http://www.rbbtoday.com
    他に、ブロードバンドルーター購入比較、環境設定等のソフトなど役立つ情報が揃っています。

   注:@ 複数台のPCで接続する以外は、ブロードバンドルーターは必ずしも必要ではありません。
     A アクセス速度改善よりも、
悪意アクセス防御やウイルス防止・駆除などの常時監視ソフトのインストールが大切です。


2.通信会社を選ぶ! 

 
通信会社は、NTT、Yahoo!BB,アッカ・ネットワークス、イー・アクセスの大手4社に絞られると考えてよいでしょう。いずれも、以前と違って、通信環境が整ったため、電話番号を変更する必要も無く、申し込みから約1週間くらいで使えるようになっています。
 
   NTT「フレッツ・ADSLモア」は、プロバイダ選択幅がもっとも多いこと、NTTと直接契約する安心感と将来性がポイントでしょう。
  料金が今少し高くとも、メジャーとして値下げしてくれる可能性は充分期待してよいし、将来FTTHへ切り替えるときに優位であることは確実です。
  自分が契約しているプロバイダ変更が無く、メールアドレスやホームページURLなどの変更案内の面倒は無いし、逆にこの際ADSL接続料の安いプロバイダに切り替えるときの選択肢が広いです。

 Yahoo!BBの「Yaghoo!BB12M」は、NTT回線使用料も、専用モデムレンタル料もYahoo!BBだけに支払えばよいです。プロバイダ事業者でもあるため、メールやホームページ開設、さらにBBフォンというIP電話接続もすべて支払い先が1カ所で済み、しかもADSL料金革命を巻き起こした会社としてコストパフォーマンスは抜群である。最近は工事遅れトラブルも無いようです。

 アッカ・ネットワ−クスの「12Mbpsサービス」と、イー・アクセスの「ADSLプラス」は、提携しているプロバイダから申し込み、回線使用料は接続料金と一緒に支払うことになります。

 
上の「Yahoo!BB」以外は、プロバイダごとに接続スピード、接続料金が変わってくるので、よく比較検討する必要があります。

 ここで、各社のADSL12Mサービス比較表をご覧いただきたいと思います。
 プロバイダは、各種コンテント、サービスを含めて私が推薦する会社のみを比較先に選んでいます。
    
(NTTは、フレッツ料金+プロバイダ接続料、その他は、プロバイダ接続料+NTT回線使用料+モデムレンタル料を含む税別月額料金です。)
 このなかでもお薦めは、
月額料金が一番安くなるASAHIネット+フレッツ・ADSLモアの組み合わせです。
 もちろん、今までのプロバイダを使う方が良いなど、別の判断も重要ですが・・・・。

プロバイダ名

URL

フレッツ
ADSLモア
アッカ・
ネットワークス
イー・アクセス

ASAHIネット

http://www.asahi-net.or.jp/

3,130円 (*1)

3,753円 3,753円

@nifty

http://www.nifty.com/ 4,430円 (*1) 4,053円 4,053円

BIGLOBE

http://www.biglobe.ne.jp/ 4,210円 (*1) 4,053円 4,053円

S0−net

http://www.so-net.ne.jp/ 4,380円 (*1) 3,653円 (*2)

Yahoo!BB

http://bbpromo.yahoo.co.jp/   Yahoo!BB 3,543円 (:*3)

   *1 平成14年12月1日からNTT東日本がマイプランとセットで770円(セット無しで500円)値下げ。
  *2 平成15年1月1日から値下げ。
  *3 自社専用回線を使用するプロバイダ事業者としての料金。


inserted by FC2 system