不動産実務支援シリーズ B

「入札審査集計システム」

1.開発した動機

 不動産などの売却にあたって、「入札方式」で一斉開封審査をパソコンを使って効率的に実施するため、エクセルの持っている機能を活かし「金額順位」の自動判別を行うようにしたいと考えてシンプルなものを考えてみました。

2.使用環境
 
 Windows 95/98/Me/XP上で、Microsoft Excel 98/2000/2002が動作する環境。
  (マクロは使用していません。)

3.主な機能

 ・受付数100社まで、そのまま対応可能です。(受付数の変更は可能です。)
 ・予め、「受付番号」と「会社名」を入力しておけば、審査当日は「金額」入力する都度、金額の大きな順位 が自動的に決定され、その段階の「ベスト5」と「補欠5」が要約表示できます。
 ・上位各社の審査にため、入札条件・要望・その他特記事項を「備考」に入力できます。
 ・不動産などの入札の金額順位付け以外に、マラソン競技の順位付け、試験結果の順位付けなど、一部 を変更することで、多方面の活用ができます。

4.ご注意

 システム保護等のため「シート保護」カバーマークを添付しています。
 システムの一部を変更する場合は、代金お支払によりお届けする「解除コード」でシート保護解除したうえで、カバーマークを削除してください。

                                               以 上

      ◆ 照会先◆ 
       http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se242920.html


【想定使用環境】 

Windows98/Me/Xp、Microsoft Excel98/2000/2002がインストールされたパソコン。 

・・・以下はシステムのイメージです  
                                                                                       

  ・・・ END


inserted by FC2 system